お知らせ

英語学習関連の無料でお使いいただける自作教材を公開しています。ご自由にお使い下さい。
制作者:大阪工業大学 神谷健一 (KAMIYA, Kenichi) 連絡先 kamiya[at]ip.oit.ac.jp / twitter: @kmyken1

2013年8月21日水曜日

映画『グッド・ウィル・ハンティング』の英文あらすじを使った速読練習

英文を意味のまとまりごとに区切り、それぞれに対応するフレーズ和訳をつけました。直読直解(速読)練習用にどうぞ。映画のネタバレに要注意!

英文出典:http://en.wikipedia.org/wiki/Good_Will_Hunting (2012年7月2日時点のもの)

20-year-old Will Hunting (Matt Damon) / of South Boston / has a genius-level intellect / but chooses to work / as a janitor / at the Massachusetts Institute of Technology / and spend his free time / with his friends Chuckie Sullivan (Ben Affleck), / Billy McBride (Cole Hauser) / and Morgan O'Mally (Casey Affleck). /
20歳のウィル・ハンティング / 南ボストンの / 天才的な知性を持っていた / しかし働くことを選んだ / 清掃作業員として / マサチューセッツ工科大学で / そして彼の自由時間を過ごした / 友人のチャッキー・サリバンと / ビリー・マクブライドと / モーガン・オマリーと /

When Fields Medal-winning combinatorialist Professor Gerald Lambeau (Stellan Skarsgård) posts / a difficult problem / taken from algebraic graph theory / as a challenge for his graduate students / to solve, / Will solves the problem quickly / but anonymously. /
フィールズメダル獲得者の組み合わせ解析学者のジェラルド・ランボー教授が示した時 / 一つの難しい問題を / 代数グラフ理論から採った / 彼の大学院生が挑戦すべき問題として / 解くことを / ウィルはその問題を素早く解いた / しかし匿名で /

Lambeau posts a much more difficult problem / and chances upon Will solving it, / but Will runs off. /
ランボーはそれよりももっと難しい問題を示した / そしてウィルがそれを解くチャンスとして / しかしウィルは逃げた /

Will meets Skylar (Minnie Driver), / a British student about to graduate from Harvard University / and pursue a graduate degree / at Stanford University School of Medicine in California. /
ウィルはスカイラーと会った / ハーバード大学を卒業しようとしているイギリス人の学生 / そして大学院に進学することを希望している / カリフォルニアのスタンフォード医科大学院に /

Will is faced with incarceration / after assaulting a man / who had bullied him as a child. /
ウィルは投獄された / 男性を暴行したことで / 彼が子どもの頃に彼をいじめた /

Lambeau arranges for Will / to forgo jail time / if he agrees to study mathematics / under Lambeau's supervision / and to see a therapist. /
ランボーはウィルに用意した / 仮釈放の時間を / もしも彼が数学を学ぶなら / ランボーの指導下で / そして精神療法を受けるなら /

Will agrees, / but treats his first few therapists with contempt / and they refuse to work with him. /
ウィルは同意した / しかし彼は最初の数人の療法士を侮辱した / そして彼らは彼の面倒を見ることを拒否した /

In desperation, / Lambeau calls on Sean Maguire (Robin Williams), / his estranged college roommate / who also grew up in South Boston / and now teaches psychology at Bunker Hill Community College. /
絶望して / ランボーはショーン・マグワイアに連絡した / 彼と疎遠になってしまった大学時代のルームメイト / 南ボストンで育った / そして今はバンカーヒル短期大学で心理学を教えている /

Unlike the other therapists, / Sean pushes back at Will / and overcomes his defense mechanisms, / and after a few unproductive sessions / Will begins to open up. /
他の療法士と違って / ショーンはウィルに向かっていった / そして彼の防御姿勢に打ち勝った / 何度かの非生産的な面会の後で / ウィルは心を開き始めた /

Will is particularly struck by Sean's story / of how he met his wife by giving up his ticket / to the historic sixth game of the 1975 World Series / after falling in love at first sight. / Sean doesn't regret his decision, / nor does he regret the final years of his marriage / when his wife was dying of cancer. /
ウィルは特にショーンの話に衝撃を受けた / 彼がどのように妻に会って、そしてチケットをあきらめたか / 歴史的な1975年ワールドシリーズの第6戦の試合を / 彼女に一目惚れして / ショーンは彼が決めたことを後悔していなかった / ましてや彼は結婚生活の最後の数年も後悔していなかった / 彼の妻がガンで死に向かっている時の /

This encourages Will to build a relationship with Skylar, / though he lies to her about his past / and is reluctant to introduce her to his friends / or show her his run-down neighborhood. /
このことはウィルがスカイラーと関係をもつことを後押しした / 彼は過去のことを彼女に偽っていたが / そして彼女を友人たちに紹介するのをためらっていたが / 彼女に荒れ果てた近隣住民を見せることを /

Will also challenges Sean / to take an objective look / at his own life, / since Sean has been unable to move on / from his wife's death. /
ウィルはショーンに対して疑問も投げかけた / 目的のある見通しを持つことを / 彼自身の人生に / ショーンは動くことができなかったので / 彼の妻の死から /

Will begins to chafe under Lambeau's high expectations / and makes a mockery of job interviews / that Lambeau arranges for him. /
ウィルはランボーの過剰な期待にいらだちを感じるようになった / そして就職の面接を台無しにした / ランボーが彼のために用意した /

Sean cautions Lambeau against pushing the boy too hard. /
ショーンはランボーがウィルにあまりに期待をかけすぎていることを咎めた /

Will walks in on a heated argument / between the two over his future / and it greatly upsets him. /
ウィルは加熱する議論に入っていった / 彼の将来に関する二人の間の / そしてそのことは彼をひどく困惑させた /

When Skylar asks Will to move to California with her, / he panics and pushes her away, / revealing that he is an orphan / and that his foster father physically abused him. /
スカイラーがウィルに一緒にカリフォルニアに来ることを求めた時 / 彼はパニックになり彼女を押しのけた / 彼が孤児であることを明らかにしながら / そして彼を育てた父は彼を虐待したことを /

Skylar tells Will that she loves him, / but he denies loving her / and then leaves her. /
スカイラーはウィルに愛していると言った / しかし彼は彼女の愛を拒んだ / そして彼女のもとを離れた /

He next storms out on Lambeau, / dismissing the mathematical research / he has been doing. /
次に彼はランボーの部屋から荒々しく飛び出した / 数学の研究を台無しにしながら / 彼がやっていた /

Sean points out / that Will is so adept at anticipating future failure / in his interpersonal relationships / that he deliberately sabotages them / in order to avoid the risk of emotional pain. /
ショーンは指摘した / ウィルはあまりにも未来の失敗を予想することに長けていると / 彼の対人関係において / そして彼はわざとそれらを妨害しているのだと / 感情的に傷つく危険を避けるために /

When Will refuses to give an honest reply / about what he wants to do with his life, / Sean shows him the door. /
ウィルが正直に答えることを拒んだとき / 彼の人生において何をしたいのか / ショーンは彼にドアを示した /

Will tells Chuckie he wants to be a laborer / for the rest of his life; / Chuckie responds / that it would be an insult to his friends for Will / to waste his potential, / and that his fondest wish / is that Will leaves to pursue something greater. /
ウィルはチャッキーに彼は肉体作業員になりたいと言った / 彼の残りの人生は / チャッキーは答えた / それはウィルにとっては友人たちを侮辱することになると / 彼の才能を無駄遣いして / そして彼の一番大切にしてきた希望は / ウィルはもっと大きな何かを求めてここを去ること /

Will decides to accept one of the job offers / arranged by Lambeau. /
ウィルは仕事のオファーのうちの一つを受け入れることにした / ランボーが用意した /

At another therapy session, / Sean and Will share that they were both victims / of child abuse, / and Sean helps Will / to accept that the abuse he suffered wasn't his fault. /
別の精神療法の面談で / ショーンとウィルは彼らがともに犠牲者であったことを共有した / 児童虐待の / そしてショーンはウィルが受け入れるよう手助けした / 彼が受けてきた虐待は彼自身の責任ではない /

Having helped Will overcome his problems, / Sean reconciles with Lambeau / and decides to take a sabbatical / to travel the world. /
ウィルが彼の問題を乗り越える手助けを受けたので / ショーンはランボーと和解した / そして研究休暇を取ることを決めた / 世界中を旅行するために /

When Will's friends present him / with a rebuilt Chevrolet Nova / for his 21st birthday, / he decides to pass on his lucrative job offers / and drive to California / to reunite with Skylar.
ウィルの友人が彼にプレゼントをしたとき / シボレー・ノバを再生設計した / 彼の21歳の誕生日に / お金の儲かる仕事のオファーを受け入れないことに決めた / そしてカリフォルニアへ向かった / スカイラーと再会するために

0 件のコメント:

コメントを投稿