お知らせ

英語学習関連の無料でお使いいただける自作教材を公開しています。ご自由にお使い下さい。
制作者:大阪工業大学 神谷健一 (KAMIYA, Kenichi) 連絡先 kamiya[at]ip.oit.ac.jp / twitter: @kmyken1

2013年8月21日水曜日

映画『トゥルーマン・ショー』の英文あらすじを使った速読練習

英文を意味のまとまりごとに区切り、それぞれに対応するフレーズ和訳をつけました。このページでは英文の区切りは入れていませんが、適当な位置で区切った場合の日本語フレーズ和訳をスペースで区切っています。英文と比べながら読むための直読直解(速読)練習にどうぞ。映画のネタバレに要注意!

英文出典:http://en.wikipedia.org/wiki/The_Truman_Show (2012年5月22日時点のもの)

Truman Burbank has lived his entire life, since before birth, in front of cameras for The Truman Show, although he is unaware of this fact. Truman's life is filmed through thousands of hidden cameras, 24 hours a day and broadcast live around the world, allowing executive producer Christof to capture Truman's real emotion and human behavior when put in certain situations. Truman's hometown of Seahaven is a complete set built under a giant arcological dome, populated by the show's actors and crew, allowing Christof to control every aspect of Truman's life, even the weather. To prevent Truman from discovering his false reality, Christof has invented means of dissuading his sense of exploration, including "killing" his father in a storm while on a fishing trip to instill in him a fear of the water, and making many news reports and 'adverts' about the dangers of travelling, and featuring television shows about how good it is to stay at home. However, despite Christof's control, Truman has managed to behave in unexpected manners, in particular falling in love with an extra, Sylvia (known to Truman as Lauren), instead of Meryl, the character intended to be his wife. Though Sylvia is removed from the set quickly, her memory still resonates with him, and he 'secretly' thinks of her outside of his marriage to Meryl. Sylvia is part of a "Free Truman" campaign that fights to have Truman freed from the show.

トゥルーマン・バーバンクは暮らしてきた 彼の人生を 生まれる前から カメラの前で トゥルーマンショーのために 〜だけれども 彼は気づいていない この事実に トゥルーマンの人生は撮影される 何千もの隠しカメラで 1日24時間 そしてライブ放送される 世界中に 制作総責任者クリストフを可能にする トゥルーマンの本当の感情と人間としての行動を捉える ある状況におかれた シーヘブンのトゥルーマンの住む町 完全なセットである 巨大な環境計画都市のドームの中に建てられた そのショーの俳優や撮影スタッフが暮らす クリストフを可能にする トゥルーマンの人生の全ての側面をコントロールすること 天気でさえも トゥルーマンを妨げるために 彼の偽物の現実を発見する クリストフは手段を作り出した 彼の探求心を思いとどまらせる 〜を含むような 彼の父を嵐の中で死なせること 魚釣りに出かけている間に 彼に水への恐怖心を教え込ませるために そして多くのニュース報道や「目を向けさせるもの」 旅行の危険性について そしてテレビ番組で特集する 家にいることがどれだけよいことか しかしクリストフのコントロールにもかかわらず トゥルーマンは振る舞うようになる 予想できないような方法で 特にエキストラに恋をする シルビアに(トゥルーマンはローレンという名前で知っている)メリルの代わりに 彼の妻であることを意図された登場人物 シルビアはセットから素早く取り除かれたが 彼女の思い出は彼に共感を寄せている そして彼はこっそりと彼女のことを考える メリルとの結婚とは別に シルビアは「トゥルーマン解放」キャンペーンの役割を演じる トゥルーマンをショーから解放するために戦う

During the 30th year of "The Truman Show", Truman begins to notice certain aspects of his near-perfect world that seem out of place, such as a falling spotlight from the artificial night sky constellations that nearly hits him (quickly passed off by local radio as an airplane's dislodged landing light) and Truman's car radio accidentally picking up conversation between the show's crew. As well as these strange one-off occurrences, Truman also becomes aware of more subtle abnormalities within his regular day-to-day life, such as the way in which the same people appear in the same places at certain times each day and Meryl's tendency to blatantly advertise the various products she buys. These events are punctuated by the reappearance of Truman's supposedly "dead" father onto the set, at first dressed as a hobo. The old man is suddenly whisked away as soon as Truman notices him.

トゥルーマンショーの30年目に トゥルーマンは気づく ある特徴に 彼のほとんど完璧な世界 現実離れしているように見える スポットライトが落ちてくること 作り物の夜の空の正座から そしてほとんど彼にぶつかりそうになる (すぐに放送される 地元のラジオで 飛行機の着陸灯が外れて落ちた) そしてトゥルーマンの車のラジオ 突然会話を拾った ショーのスタッフ同士の こうした奇妙な一度限りの出来事と同様に トゥルーマンは〜にも気づく もっと微妙でおかしな事 彼の日々の生活の中で 〜のような方法 同じ人が現れる 同じ場所に ある時間に 毎日 そしてメリルに〜の傾向があること ずうずうしく宣伝する さまざまな商品を 彼女が買った こうした出来事は中断させられる トゥルーマンの亡くなったと思われていた父が再び登場したことで セットに 最初は浮浪者の格好をしていた その老人は突然取り除かれた トゥルーマンが彼に気づいてすぐに

Despite the best efforts of his family and his best friend Marlon to reassure him (the latter being fed lines of comforting dialogue by Christof through a wireless earpiece), all these events cause Truman to start wondering about his life, realizing how the world seems to revolve around him. Meryl grows increasingly stressed due to the pressure of perpetuating the deception, and their marriage unravels in the face of Truman's increasing skepticism and attendant hostility towards her. Truman seeks to get away from Seahaven but is blocked by the inability to arrange for flights, bus breakdowns, sudden masses of traffic, a forest fire, and an apparent nuclear meltdown. After Meryl breaks down and is taken off the show, Christof officially brings back Truman's father, hoping his presence will keep Truman from trying to leave. However, he only provides a temporary respite: Truman soon becomes isolated and begins staying alone in his basement after Meryl "leaves" him. One night, Truman manages to fool the cameras and escapes the basement undetected via a secret tunnel, forcing Christof to temporarily suspend broadcasting of the show for the first time in its history. This causes a surge in viewership, with many viewers, including Sylvia, cheering on Truman's escape attempt.

最大限の努力にもかかわらず 彼の家族と彼の親友のマーロンの 彼を再び確信させるための (後者は与えられていた 慰めのセリフの数々を クリストフによって 無線の小型機器を通じて) これらの出来事は トゥルーマンを考えさせた 彼の人生について 〜であると認識しながら 世界がどのように彼の周りを回っているか メリルにはますますストレスがかかった ごまかしを続けなければならない圧力で そして彼らの結婚生活は破綻する トゥルーマンの懐疑的な見方と直面して そして彼女に対する付き添い人の抵抗に トゥルーマンは探す シーヘブンから逃れることを しかし妨害される フライト調整が困難で バスは故障する 突然の交通量の増加 森林火災 そして原子力のメルトダウンで メリルが行き詰まってショーから取り除かれたあと クリストフは正式にトゥルーマンの父を取り戻す 彼の存在がトゥルーマンを離れようとさせないことになるのを希望しながら しかし 彼は一時的に中断しただけだった トゥルーマンはカメラを欺いた そしてこっそり地下へ逃げた 隠しトンネルで クリストフに強いた ショーの放送を一時的に停止する その歴史の中で初めて このことは視聴率の大幅な向上につながった より多くの視聴者 シルビアを含む トゥルーマンの逃げようとする試みを応援する

Christof orders every actor and crew member to search the town, even breaking the town's daylight cycle to help in the search. They find that Truman has managed to overcome his fear of the water and has been sailing away from the town in a small boat named Santa Maria (the name of the ship in which Christopher Columbus discovered the New World). After restoring the broadcast, Christof orders the show's crew to create a large storm to try to capsize the boat, prompting a heated debate with his superiors over the morality and legality of killing Truman off in front of a live global audience. However, Truman's determination eventually leads Christof to terminate the storm. As Truman recovers, the boat reaches the edge of the dome, its bow piercing through the dome's painted sky. An awe-struck Truman then discovers a flight of stairs nearby, leading to a door marked "EXIT". As he contemplates leaving his world, Christof speaks directly to Truman via a powerful sound system, trying to persuade him to stay and arguing that there is no more truth in the real world than there is in his own, artificial world. Truman, after a moment's thought, delivers his catchphrase, "In case I don't see you ... good afternoon, good evening, and good night," bows to his audience, and steps through the door and into the real world. The assembled television viewers excitedly celebrate Truman's escape, and Sylvia quickly leaves her apartment to reunite with him. A network executive orders the crew to cease transmission. With the show completed, members of Truman's former audience are shown looking for something else to watch.

クリストフは全ての俳優と撮影スタッフに命じた 街を探すことを 街の日照サイクルを崩すまでして 捜索を助けるため 彼らは気づいた トゥルーマンは克服したことを 彼の水への恐怖を そして航海している 街から逃れて 小さなボートで サンタマリアと名づけられた (船の名前である クリストファーコロンブスが新世界を発見した) 放送が普及したあと クリストフはショーのスタッフに命じた 大嵐を 船を転覆させるために 白熱した議論を生み出した 彼の傲慢さに 死と合法性について トゥルーマンを殺す ライブをみる世界中の視聴者の前で しかし トゥルーマンの決心 次第にクリストフを導く 嵐を終わらせる トゥルーマンは立ち直り ボートがドームの縁まで到達する 船の先端がドームの塗られた空に突き刺さる 恐怖心に捕らわれたトゥルーマン 一続きの階段を近くに発見する 「出口」と書かれたドアに続く 彼の世界からの脱出を達成すると クリストフは直接トゥルーマンに語った 強力な音響システムで 彼を説得しようとする とどまるように そして本物の世界にはこれ以上の真実はないと論じる 彼自身の人工の世界と比べて トゥルーマンは しばらく考えて 彼のキャッチフレーズを言う 「会えないことを考えて こんにちは、こんばんは、そしておやすみ」 視聴者に対してお辞儀をする そしてドアを通り抜ける 現実の世界へ 集結したテレビの視聴者は興奮してトゥルーマンの脱出を祝う そしてシルビアはアパートを飛び出た 彼と再会するために 放送ネットワークの監督者はスタッフに放送を止めるよう命じる ショーが終わって トゥルーマンショーをみていた視聴者 何か他の見るものを探している場面が映される

0 件のコメント:

コメントを投稿